top of page
セルフ脱毛サロンFREE STYLE

EFFECTIVENESS

脱毛効果

HOME > 脱毛効果

セルフ脱毛サロンFREE STYLE

プロ仕様のタワー型ハイエンド脱毛機を導入

LED+光複合のハイブリット脱毛機により美肌やリフトアップバストアップなどの施術も可能

LED+光複合のハイブリット脱毛機により美肌やリフトアップバストアップなどの施術も可能
プロ仕様のタワー型ハイエンド脱毛機を導入

ハイブリッド脱毛機の特徴

LED脱毛機の両方のメリットを併せ持ったIPL・SHR・LED・E-lightの4つの機能を搭載

IPL  :メラニン色素に反応。連射不可。(10~25ジュール使用)
SHR :バルジ領域へ連射で照射が可能な脱毛モード
LED  :光源をLEDにした脱毛効果に特化した脱毛モード
E-light:しみや赤み部分のみに反応するフォトと真皮層まで作用するRFを同時照射。

肌のトータル的なケアができるフェイシャルモード

LED脱毛の特徴

光脱毛より効果があり店舗で扱えるレーザー脱毛に近い脱毛機

LED脱毛の特徴

・LED脱毛はレーザーと同じような804nm~812nmの単一の波長を使用するので皮膚の奥に真っ直ぐと熱を伝えることができる


・毛母細胞を作る組織や毛包全体だけではなく、毛の根本にある毛乳頭にもダメージを与える


・光脱毛の脱毛形式に比べて早く脱毛効果を実感することができる

光脱毛は広範囲にエネルギーが分散してしまい、肌の表面に熱が集中しまいがち

LED脱毛は痛いのでしょうか?

結局のところ“ 痛み”は従来の光脱毛機とあまり変わりません

LED脱毛機は毛根に効率よく熱のダメージを与えるので、IPLの光脱毛機と比べて効果も出る分少し“痛い”と言われています。

しかし、結局のところIPLの光脱毛機も効果を出すためにはジュール数(熱量)が高い方が望ましいので、“痛いけど効果のある”ギリギリのラインを攻めます。そのため、お客様の「毛の濃さ・密度」「肌の状態」「痛みの耐え具合」に合わせて照射を行いますので、結局のところ光脱毛機と同じような痛みになります。
加えて強力な冷却機能により照射面は最大-10℃まで冷却されるため痛みを軽減しながらも脱毛効果を生み出す仕組みが整っています。

BEFORE・AFTER

20代 男性

脱毛の効果

0回目

2回目後

4回目後

40代 男性

脱毛の効果

0回目

2回目後

40代男性

脱毛の効果

施術前

1回目

2回目

冷却システム

TEC冷却システム(日本製)を採用

TEC冷却システム(日本製)を採用

TEC冷却システム(日本製)

タンク内の温度は24時間使用しても安定した温度管理がされています。常に20℃~28℃以下に維持し続ける冷却システムです。

タンク内の温度は24時間使用しても安定した温度管理がされています。常に20℃~28℃以下に維持し続ける冷却システムです。

スペック

カートリッジ

カートリッジ

430nm:ニキビ
530nm:エイジングケア(赤ら顔)
590nm:シミ
640nm:シワ・リフトアップ・バストアップ
690nm:脱毛
E-light:顔全体+首…10~15分(※まぶた以外OK。10~25ジュール)
バストアップ…15~20分
RF:顔全体+首…10~15分(※まぶた以外OK。15~20ジュール)

本体及びハンドピース

光源:キセノンランプ、LEDモジュール
パルス幅:1ms~30ms
Hz:KPL「10-30Hz」、SHR「1-10Hz」、LED「1-20Hz」
出力波長:KPL/E-light「430/530/590/640/690-1200nm」、SHR「610-950nm」、LED「804-812nm」
冷却システム:水冷・空冷・TEC冷凍冷却装置(-10℃)
熱量:10~50J/cm2  
出力:3000W
電源:110V

機器製造:制御装置・コンデンサー:日本製、圧縮機:日本製、LEDライト:アメリカ製、ポンプ:ドイツ製、カバー・本体:香港製

ハンドピース:3本
照射面:クリスタル
照射面積:KPL/E-light「15×50mm」、SHR「10×50mm」、LED「12×12mm」

bottom of page